ドラマティックさに欠けてる

さよならの理由は、幾らもあるのに。

冬が始まる。

「毎年できることを当たり前に思わず一公演一公演全力で、お客さんの思い出に残るように」

 

初日を前に康二がそう言った。

きっといつもならそんなに深く考えないであろうありきたりな言葉も、今は深く突き刺さる。

それと同時に、与えられる側の私はなんて無力なんだろうと実感する。

 

 

脚を負傷した。それはもう盛大に転んだ。嘘。スマートに着地した。そう、膝で。受け止めたんだ、全体重を、膝で。重かったんだ、私の龍太くんへの愛ぐらい重かったんだ()

恨むぜ風磨・・・・(収録押した)(新幹線間に合わないと焦った)(風磨とばっちり)(でも最高に面白かった)

 

前回龍太くんに会いに行った日は食中毒で死にかけ(入院拒否)だったし、なんだ?龍太くんに会うためにはミッションをこなさなければならないのか?なに?あの人ラスボスなの?へ~それは知らなかったわ・・・どちらかと言えばラスボスって浜中文一*1だけどね。

 

とまぁそんなハプニングもありつつ、明日からクリパが始まる。

今年も、始まる。

1年前は特に仲の良い人と察しの良い人にだけ龍太くんの話をしていたし、松竹へ行ったことも一切ツイートしなかった。

まぁその話は過去記事参照なんだけど。

mlkt.hatenablog.com

 

その当時を否定するわけではないけれど、やっぱり堂々と「クリパ楽しみー!」なんて言える今はとても楽しい。

しかも今年の冬は去年とは違う。隣に友達がいる。

でも今年は去年とは違う。あの日、緊張して握りしめていた団扇がない。

 

「団扇って持つ意味ある?」

そんな発言をしていたのは増田担の頃。

団扇ってファンアピールしてファンサもらう物でしょ?ファンサしない増田さんの団扇って持つ意味あるの?なんて思ってた。

しかもそれは、有岡担だったときも神山担になったときも変わらず。

私にはファンサを要求する道具にしか見えてなかったし、そのつもりでしか持っていなかった。

更に私は、1年前のあの日持った龍太団扇もそんな想いで握りしめていた。

別にそれは間違いでもなければ悪いことでもない。

ただ、ある日を境に私にとっての”団扇を持つ意味”が変わる。

 

遠く且つ埋もれている私達に一生懸命手を振ってくれる龍太くんを見た。

ただ単純に見つけてもらえた嬉しさと同時に、こんなところまで見てくれるんだととても感動した。

しかもそれは1度だけじゃなかった。

 

 

応援、ってなんだろう。

CDを買うこと?グッズを買うこと?コンサートへ行くこと?こうやってブログに重い愛を綴ること?

 

アイドルにとって声援の大きさや団扇の数ってとても重要なのに、最近の少年収はとにかく「声援の大きさを平等にしろ」ってうるさい。まぁこれはテレビなんだからしょうがないんだけど。

自分の団扇・声援(ファン)が少なくて悔しい、だから頑張ろう、とか。

自分の団扇(ファン)がいる、だから頑張ろう、とか。

きっと思うだろう。

でもそれは私の想像であって、龍太くんの口から聞いたわけじゃない。

もしかしたら団扇なんてなくなればいいのに!なんて思ってるかもしれない。

 

私はあくまでも”趣味”だから所詮自己満足の世界であって。

団扇が持てない現場に意味を見出せなくなってしまった。

その席にいるのは私じゃなくてもいいんじゃないかって。

ただ見たい、会いたいってだけの欲求は正直今までは1回で満たされてた。

今までアイドルのファンっていう趣味に一つ”応援する楽しさ”を彼に覚えたから、沢山会いに行っていただけで。

 

じゃあなんでクリパにたくさん行くのかって、私が1年前とは違うから。

満たされてたんだ、今までは1回で。

もうダメなんだ、会いたいんだ、会いたくて会いたくて震えて膝が痛いんだ()

団扇!?いいわそんなもん!応援する楽しさなんてツアーで楽しめばいい!

だって、松竹座のステージにジャニーズのアイドル室龍太が立ってる!!!

それって、今まで”当たり前”に思ってた幸せなんじゃないか。

 

だからどうか、今日から(日付変わったわ)始まるクリパが、龍太くんにとっての幸せと思い出になりますように。

 

 

 

 

*1:ラスボス浜中文一

f:id:mlkt:20151128234803j:plain

必要なのは、

f:id:mlkt:20151028173337j:plain

 

昨日から声が出なくなった。

風邪を拗らせて。

 

あのクソババア

・・・ゴホン

お客様の対応をしていたら声が出なくなってしまった。

よりによってそんな日に限って仕事中に来客が多いんだよねぇ。

 

私「」

業者「あ、○○さんいらっしゃいますか?」

私「(ちょっと待って)」

業者「アッ(察し)」

 

さぁオカマ声を超えてついに声が出なくなってしまった本日10月28日。

私の担当である室龍太くんが入所して13年目に突入しました。

今年もこうして入所日を祝えることを嬉しく思います。

 

誕生日はいつまでも祝えるけれど、入所日をこうやって祝うのは彼が続けていてくれなければできない。

ジュニア担になって入所日という日を祝う重さと喜びを知りました。

 

龍太くんがこれまで歩んできた12年間を、私は龍太くんを含む”誰か”の記憶や記録からでしか知ることができない。

それはやっぱり、悔しさしかない。

でもこれからは同じ景色を見て共に歩んで行きたい。

どうか、叶うのならば、ジャニーズのアイドル室龍太くんと。

 

私は手紙を書いたりもしないし、こんなところでしか想いを綴れないけれど

大好きだって気持ちを込めた団扇を持って会いに行くから。

言葉なんて必要ない!必要なのは!そう!団扇!!!!!!!!

 

 

 

だからクリパは団扇OKにしてください。

 

 

 

ガムシロップって作れるらしい。

なんとなくガムシロップでググったらクックパッドさん出てきた。

 

cookpad.com

 

まじか!ガムシロップって作れるのか!

その発想はなかったわ・・・そりゃそうか、作れるか・・・

そうか・・・作らないけど・・・砂糖入れればいいじゃん・・・(ガムシロ全否定)

 

 

唐突だが、龍太くんは可愛いと思う。

誰がどう言おうと可愛い。異論は認めない。

異論したやつの飲み物にガムシロ6個入れるぐらいには認めない。

 

 

好きになった経緯とか、そういう”出来事”は書けるけれど

好きな理由とか、好きなところとか、そういうのがすこぶる苦手である。

歴代担当もそういうことを文字にできたことがない。

 

多分、きっとそれが楽しい。

ここが好き!こういうところが好き!って明確になってしまうと

ここが嫌い!こういうところが嫌い!ってのも同時に明確になってしまうし

ここが好きなのに、そうじゃないんだよ!ってなってしまう。

 

多分、それが”好き”が続かない大きな理由。

 

 

神山くんに対してガムシロ100個のげろあまモンペだった。

ずっと見ているうちに、ダンスのキレっぷりが好き!とか、気持ち切り替える瞬間 *1 が好き!とか、クソ真面目最高( i _ i )とか、沢山の神山くんへの”好き”を見つける度に楽しくて仕方がなかった。

 

私は神山くんのダンスの上手さが一番好きで、めぇでダンスの手抜き加減があまりにも酷くて信じられなくて、ガムシロ100個な甘さを注いでいた私がブラックコーヒー(無糖)を2リットルペットボトルで投げつけたくなるほど冷めた

冷めすぎてそのブラックコーヒーが氷になりそうなほど。なんなら冷凍庫入れて凍らそか???????????????ってぐらい。

 

まぁ2リットルペットボトルのコーヒーなんてないんだけどな!

 

 

さぁ、この辺りから完全に神山うちわを放り投げることになるのだが。

すごくすごく好きだったからこそショックだったし、一番好きだったところがそうじゃなくなってしまうのが辛かったんだよ。わかってんのか神山智洋。ゆるっと流して踊るんじゃないよ。リハじゃないんだから。本番だぞ!目を覚ませ!

 

と、ごちゃごちゃ言ったところで仕方ありません。

彼らは与える側であり、私たちは与えられる側なのです。

 

昔、シドというバンドを売れない頃からずっと応援し、デビュー、そしてドームまで見届けました。

その間、変わりゆく彼らから離れていく友人が必ず言ったのが「私の好きなシドじゃない」だった。

 

変わらないものなんてない。いい意味でも、悪い意味でも。

変わらない、なんて成長してないってことだからね。

結局私も、最後に同じ言葉を言って離れた。

 

 

ずっと好きでいるって難しい。

変わりゆくその人を、何度も惚れ直さなければならない。

 

自分が好きになったのはその当時の彼であり、やっぱりどんなかっこいい姿を見ても最初を超えるなんてことはないんだと思う。

 

龍太くんが好きだ。でも多分ずっとじゃない。

それでいい。

今好きだから。

 

 

 

そんなことより、冷たいミルクティーに砂糖入れても溶けねーわ。

*1:夢抱きメイキング参照

f:id:mlkt:20151018180037j:plain

黄色に染まれない理由。

「なんでも話しますよ。

包み隠せないタイプなんで。」

 

今日は結論から話そう。

私がこれだけ毎日中間淳太に可愛いとかっこいいを連呼しておきながら、中間担にだけは絶対にならない理由がこれである。

大事なところは隠しておけよ!

 

昨日も言ったけど、私は以下のような人が好きだ。

 

こういう点では、昨日書いた赤色の彼とは真逆のタイプ。

 

 

私はグループの中でも一番”リーダー”と”センター”の関係性が好きなのだけれど

ジャニーズWESTにリーダーはいないけどね)

淳太くんと重岡くんのタイプが真逆なところはよくできたバランスだなぁと思う。

普段はあんなにウザ絡みされて時々本気で重岡くんに怒る淳太くんだけど、私は写真集のインタビューを読んであの重たい本を落としそうになった。あれ足に落としたら違う意味でかなりの衝撃だわ。

 

 

 

 

信頼関係が成り立っているのを見た気がした・・・・・・

あと別の雑誌でも過去に2人のインタビューで、お互い一番仕事の話をする相手だと話してる。

お互い冷静に物事をとらえる人だし、完全にイメージだけどグループに対しての話は結構厳しい意見を言い合ってそう。

 

タイプが真逆と言ったけれど、結局どちらも”グループ・ファンのため”を考えているから想いは一緒で。

7人でデビューすることに最初から拘っていた重岡くん、3人が努力しただけ評価してもらえるなら7人になるのはそれからでもいいのではないかと考えていた淳太くん。

意見はぶつかることも多いだろうけど、考え方が違うからこそ2人はバランスが取れていて、私たちにより良いものを見せてくれるんだろうね。

 

 

なんかただのしげじゅんブログになったわ・・・

書き足りないのでそのうちまた書きます。

 

f:id:mlkt:20151016230819j:plain

赤色を背負う君。

「僕ね、まったく考えてないんですよ。

肩に力入ったり余裕なくなると、顔にも出ちゃうし何もできなくなっちゃうんで。

何も考えないようにしてますね。

だから、こう見せたいとかも、今は考えないようにしてますね。

お客さんが喜んでくれるような、お客さん第一に考えてます。」

 

 

 

JUMPにドハマリした頃の春

ジュニアに興味が全くと言っていいほどなかった私に突然の出会いが訪れた。

 

 

f:id:mlkt:20151015222721j:plain

 

 

 

 

なっっっっっ

 

 

 

 

んだこの可愛い子。

 

 

へぇ・・・重岡大毅くんね・・・へぇ・・・・1個下か・・・へぇ・・・

 

 

茶の間になる。ズズッ

関西ジュニアという沼にハマる。

神山智洋という沼にハマる。

NEWSもJUMPも降りる。

自分ルール(※)ぶち破ってジュニア担になる。←イマココ

 

そう、彼は全ての 元 凶 である

 

※過去記事参照

mlkt.hatenablog.com

 

 

 

私の知ってる重岡大毅って人はきっとほんの、ほんの一部で。

そんな一部の中から私が思う重岡くんは、一言でいうなら「天性のセンター」

冒頭に書いた重岡くんの言葉はまさにそれ。

自然体

ここ立ちたくて立ってる、というより、求められたから立ってる。

 

「ぶっちゃけ、俺よりセンターに適任な人が出てきたら、そいつが立ったらいいと思ってて。だって、それがグループのためだから。」

 

重岡くんって、いつも”誰かのため”に動いてる。

これを読んだときは、重岡大毅最大の魅力を感じた瞬間だった。

 

「肩に力入ったり余裕なくなると、顔にも出ちゃうし何もできなくなっちゃうんで。」

ここを深読みするとすれば、そうなったことがあった、ということだよね。

センターに立つようになって「何も考えないように」するまでにどんな苦悩と気持ちの変化があったのだろう。

 

 

 

重岡くんって、あまり多くを語らないイメージ。

私の大好きな名言なんだけど、これと同じイメージがある。

 

だから彼のインタビューを読むのは好きだ。

 

 

自分よりセンターが適任な人がいればそいつがやればいいと言っていたけれど

叶うのならばずっと、重岡大毅がセンターを務めるジャニーズWESTでいて欲しいです。

ミルクティーがどうしても飲めなくて。 ③

ミルクティーなんて飲めなくても生きていけるし!

 

 

っていうかまともに飲んだことないのよね。

もしかしたら、私はおいしさを知らないだけなのかもしれない。

 

 

”所詮、趣味。”

とは言っても根がクソ真面目な私にとっては結構大きな問題で。

降りたら一気に冷めることも今までのことを踏まえるとわかりきっていた。

ジュニア担がどれだけ大変なのかもわかってた。

もうそんなこと考えてる時点で神山くんが私にとって”保険”でしかないことに、気づかぬフリ。

もちろん、そんなのが長く続くはずもなかった。

 

夏の松竹座はまさかのうちわが持てないという大事件。

でも私としては看守長としてステージに立つ龍太くんに圧倒されすぎて、うちわのことがどうでもよくなっていった。

ショータイムは相変わらず淡々と踊ってるし。

あんまり気にしてなかったけれど、今思えばかなり戻れない位置にまで来てしまっていたんだと思う。心が。

 

 

今まで見た中で一番かっこいいビジュアルの神山智洋を見た!!!!

のにも関わらず、私はその月末に降りてしまう。

誰が一番驚いたってね、自分だよね。

 

食中毒で死にかけて、医者からの5日間入院を

「いーーーーやーーーだーーーー!!!!!!!!!!」

って断って、無理矢理行った日生劇場

少年たち千秋楽。

今までに味わったことのないほどの拗らせ、そしてトドメを刺すかのように、神山智洋を見ても何も思わないという大問題。

ウ、ウソダロ・・・!?

 

 

薄々限界は感じていた。

だって本垢で「日生行く!」とか普通に言ってたし、名前伏せて普通に沸いてたし(笑)

 

降りた最大の理由は「堂々と沸きたい」だった。

担当にしたときと同じだね。

 

そしてやっぱり周りの声は私にとってすごく大きかった。

かみやまくんは好きだ。

それは出会った時から今も変わってない。

そんな私に、別にそれでもいいんじゃない?って言ってくれる人しかいなかった。

帰りたくなったら帰ればいい、誰のうちわを持ったっていいじゃない。

”所詮、趣味。” なんだし。

 

 

デビューを諦めている彼は、いつ辞めるか本当に読めない。

「今日が最後かもしれない」

多分、どれだけ現場を入っていたとしても絶対に後悔はすると思う。

だからこそ、1公演1公演を大事にしたいと心から思った。

 

ジュニア担、になってみて露出も少ないしやっぱり私には彼だけを好き!なんてことはできなくて(笑)

相も変わらずWESTが大好きだけれど、今まででこんなにもうちわを持ちたいと思った人はいないよ。

遠くにいても見つけてくれてありがとう。

どんな席でも、貴方のファンがここにいるんだよと伝えてくれるこのうちわを必ず持つからね。

 

 

絶対私はジュニア担にはなれない!と思っていたけど、今なら飲めなかったミルクティーも飲める気がするよ。

その時は、龍太くんと同じくガムシロップ4つかな・・・(げろあま)

ミルクティーがどうしても飲めなくて。 ②

大人になった。

働いていた喫茶店で出される紅茶を飲む毎日。

ティーカップの底には溶けきれなかった砂糖はない。

 

 

好きと認めてからは戸惑いの連続だった。

最初から軽率に好きだと言えるほどの想いではなかった故に、”好き”の吐き場がなかった。

そして誰にこのことを伝えるべきか、そもそも伝えるべきことなのか?と悩みつつも、察しのいい友人から徐々にバレていく

(名前を口にしたことがない故になかなか誰も当ててくれなかったなぁ)

 

ジャニヲタという生き物は若い世代のグループになればなるほどめんどくさいもので、事なかれ主義な私には彼を好きだということをわざわざ不特定多数に言う必要性を感じられなかった。

だから私は、私が彼のうちわを持つときに隣にいてくれる人が知っていてくれればいいと思い、わざわざTwitterで彼が好きだということをカミングアウトはしなかった。

 

クリパは一人で行った。

そして、初めて龍太うちわを持った。

うちわの作れない私のために、友達が作ってくれた龍太うちわ。

両手に彼の名前うちわを持つだけで精一杯の私に、アンコールのたった1曲でしかファンサしない彼が手を振りに来てくれた。

うちわをひっくり返しカンペを見せるのを待つかのように、何度も。

 

あの夏と違い、彼のためにチケットを取り、彼のために大阪へ来て、彼のうちわを持ち、彼の姿を、彼だけを見れただけでも幸せだったのに、幸せのキャパオーバーすぎて帰りの電車を間違えました。迷子。ここはどこ。

 

改めてちゃんと”室龍太”という人を見て、ただの気まぐれなんかじゃなく本当に好きなんだと確信。

どこが、何が、とか、うまく言えない。

だからそういうことなんだと思う。

うん、どういうことだろう。わからん。

 

好きが加速して迎えたのはあけおめ7公演。

ジュニア担なら避けて通れぬ「出るか出ないか問題」である。

「出なかったとしてもかみやまくんいるし!」なんてただの強がりで、本当は誰よりも龍太くんに会いたかった。

入り情報は回ってきたものの、やっぱり自分の目でステージに立つ彼を見るまでは不安で仕方がない。

 

あぁ、来るところに来てしまったな、と少しの後悔と不安と期待を抱きながら迎えた初日のオープニング。

金髪のガラの悪そうなヤンキーいたぁ( i _ i )

あぁ、きっとこれはジュニア担の醍醐味なんだろう。

こんなに誰かに会えて嬉しいと思えた日が会っただろうか。

ステージに立っていることが当たり前じゃない。

立っていてくれることが嬉しい。

 

そして何よりも、この7公演一緒に入ってくれたすべての友達が温かく受け入れてくれたのが本当に本当に嬉しかった。

否定的どころか、龍太!いいと思う!と言ってくれたり、わざわざうちわを新たに作ってきてくれて一緒に4連してくれたり、席が後ろだからと4連してくれたり、私はなんて幸せ者なんだと新年早々めそめそしておりました。

どんな席だろうと、うちわは持つことに意味があると教えてくれた7公演。

更に、好きが加速する。

 

 

季節も変わり、春が来た。

☆スーパー現場ラッシュ☆の3月に私が向かったのはもちろん大阪松竹座

右手に龍、左手に太を握りしめた私は、今回は一味違うのだ。

そう、何故なら!龍の裏には!初めての! カ ン ペ が !

(言わずもがな、作:友達である)

「ファンサなんて名前うちわに指さしお手振りで十分だわ」なんて歴代担当に言ってきた私が、カンペを持つ日が来るなんて思わなかった。正直今でもカンペは戸惑う。慣れねぇ・・・・

 

この時も、今も、龍太くんはいつもファンサをやりっぱなしではなく、喜んだ姿をちゃんと見てから去っていく。

そんなところが大好きです。

 

クリパとは違い、少しだけ落ち着いて見ることができた。

歌とダンスは好みじゃないものの、あぁ好きってこういうことなんだな・・・!なんて思い始めたら好きの加速が止まらない。

ちゃんと”担当”として応援しようと決め、室担へ。

しかし、スタンスは変えず相変わらずあまり人には話さずひっそり生きる。

 

そんなひっそり室担生活がひっそりじゃなくなってくるパリピポツアー

何度言われただろうか。

「ただの室担になってきてる」

「神山どうした」

「神山かわいそう」

ちょ、ごめ、いや、あの、ほら、えっと、、、うん。(?)

 

全ての公演の基準が龍太くんであり、彼のためにしか動かなかった。

そんな私を大きく変えたのが、ジュニアはつかないと言われ続けた名古屋公演。

目情もない、始まっても出てこない、両手に持つ龍太うちわを握りしめ願っても、2曲目が始まってからもステージには7人しかいない。

 

覚悟はしていた。それがジュニア担だと。

でもやっぱり、悲しくて。

半べそ状態で龍太うちわをしまったあの時の感情は、多分一生忘れないと思う。

 

持ちなれた神山うちわを持ち迎えた3曲目、目を疑った。

ヤンキィィィイイ

 

泣いた。隣にいた小瀧の人も一緒に喜んでくれた。嬉しさ倍増した。

もう彼の前にいる金髪なんて見えなくなってた。

後ろにいる金髪ヤンキーしか見えなくなった。

 

しかも出てくるたびにポンパ→耳かけ→ポンパ→耳かけって、お前絶対裏で暇してんだろwwwwwwって感じでヘアスタイル変えてきて愛しくて泣いた。好きだ。

 

(アンコ待ちでふと足元を見たら神山うちわが投げ捨ててあったのは忘れたい。)

 

 

色々あったパリピポツアーだけど、横アリでめちゃくちゃ良い席入っておきながら、メインステージに思いっきり背を向けて外周にいる龍太くんを見てたから多分あの時からそういうことだったんだと思う。

 

でも、どうしたって私は神山担で、かみやまくんが大好きで。

そして何より、あれだけ避けてきた”ジュニア担”としてのジャニヲタ人生に足を踏み入れる勇気がなかった。

 

牛乳が苦手な私は、飲めるようになった紅茶をミルクティーにできない。

 

 

 

 

 

 

てかティーカップの底に砂糖がなかったのって

紅茶が激熱だったからだと思うんだよネ♡