読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマティックさに欠けてる

さよならの理由は、幾らもあるのに。

3度目の春が来た。

今年も早咲きの桜が松竹座に咲いた。

桜は好きだけど苦手。あんなにも満開に綺麗に咲いて、すぐに散ってしまう。綺麗だけど儚くて悲しくて。ジュニアはまるでそんな私の苦手な桜のようで苦手だった。だから私はジャニーズの世界に足を踏み入れるときに決めたんだ。「ジュニア担にはならない」と。

 

今まで見てきた松竹座のステージ、いつが一番好きだろう。

 

思い出いっぱい台風n?

f:id:mlkt:20170323213611j:plain

 

初めてづくしの14クリパ?

f:id:mlkt:20170323213913p:plain

 

大好きな大好きなLOVEで愛を繋いだ15クリパ?

f:id:mlkt:20170323220420j:plain

 

 

 

 

もちろんどれも最高で幸せで大好きだけど、思い出す度に関西ジュニアが好きだなぁって思うのは2015年春松竹。

 

f:id:mlkt:20170323214858p:plain

 

本当にハッピーでラッキーな春爛漫コンサートだった!!!今でもハピラキで始まったこの景色が忘れられない。キラキラしてる中に儚さがあって、でも力強くて、惹き込まれるステージだった。

そして2年前の今日、室担として胸を張って龍太くんを応援することを決めた。

 

(胸を張ってとか言ってるけど相変わらずひた隠しにしてたし、当時のツイート見たら「もう関ジュで好きなの誰?って聞かれても丈って嘘つかない><」とかいうレベルだったワロタ)

 

 

どっちの方が好き?は愚問である

 

どっちも好きだしどっちの好きも違う好きなんだよ!!!!!!

そんなのもう何億回と考えたよ。お前それ西畑大吾に「二宮くんと大西さんどっちが好き?」って聞いてるのと同じだからな!!!!私は大西さんの方が好きだよ!!!!!ペロペロキャンディー10万個買ってあげたいよ!!!!!

誰にでも担当の定義があってそれは人それぞれ違うと思うんだけど、私の担当の定義は”応援したいかどうか”なんだ。それはもちろん好きの気持ちがあった上でのことであって、増田くんを降りると決めたときは、好きだけど応援したい気持ちがなくなったからだった。まぁその話は今どうでもいいんだけど(笑)でも神山担になるときは応援したいって気持ちがなかったわけではないけど強いわけでもなかった。今思えば、抑えきれなくなった好きという感情を担当にするということで正当化したかっただけだったと思う。それだけ好きだったんだろうね。理由が欲しかったんだ。でもさっき書いた通り、応援したいかどうかっていうのは好きの気持ちがあった上でのことだから後付けなんだよ。その後付けがあったから今もこうして神山担でいるし、この気持ちがある限り神山担であり続けると思う。

他のメンバーに新しい仕事が決まれば嬉しいよりも悔しい気持ちが勝る。あんなに普段沸いてる中間淳太でさえも私は毎日嫉妬だよ。メンバーの仕事は羨ましいのだらけだよ~!!!1年に2本も映画に出て欲しい!映画の主演欲しい!ドラマのメイン役欲しい!超いい・・・!とか言って欲しい!センター曲欲しい!みとちゃんに「奥さんに伝えた方がいいんじゃないですか?」とか言って遊ばれて欲しい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

さっきから神山くんの話しかしてませんね。みんな私が神山担なこと思い出せたかな????でも今日は龍太くんのことを書くブログです。

 

不幸せでもいいと思った

 

龍太くんを担当にするまでには結構時間がかかってしまい、危うく1年を過ぎるところでした。時間かかりすぎだよね、何してたの?って感じだよね。神山担やってました。

室担になってから、いや、龍太くんに出会ってから、24時間365日幸せで楽しい。幸せ~!!!!!!!!!って毎日うるさくしちゃうぐらいに幸せ。でもその毎日の幸せは同じ幸せが続いてるんじゃなくて、ずっとずっと更新してる幸せで。その幸せは龍太くんの仕事の数と大きさに比例してると思う。さて私は何回幸せと打ったでしょう。

 

でも、私が出会った頃の龍太くんは、辞めるタイミングを失った人に見えた。

いつも一歩下がって、カメラにも映らないように、目立たないようにしてる人だった。バックの仕事に徹してる真面目な人にも見えたし、ガツガツさを失った人にも見えた。私の目にはそう映ってしまった。だからずっと不安だったし、担当にもできなかった。担当にしてしまったらもう後には引けない気がしたし、担当にすることによってより一層好きが加速することもわかってるのにそれでも辞めるかもしれない人を担当にするの!?それって崖っぷちに龍太くんと立つみたいなもんじゃん!?ヤダちょっとそれ良いな!?!?!?!?!?!?とか悩んでたせいで時間かかったよね。

立ってやろうじゃない、崖っぷち。

 

f:id:mlkt:20170323234130p:plain

 

神山担で幸せ?って聞かれたら、うんとは言えない自分がいる。どうしても私の中で龍太くんが引き合いに出てしまう。二人に対する好きが全く違う形であるように、与えられる幸福感も違うからだろうけど。でもそれは不幸せってことではないし、神山担は楽しいし、別に私は幸せになりたいわけではない。神山くんが幸せでいてくれたらそれでいいし、そもそもその人の担当をやっていることが必ずしも幸せでなくてはいけないわけではない。幸せじゃなくたって、不幸せだっていいじゃない。好きでいられるだけでいい。担当を名乗っていられるだけでいい。ジャニーズとしてステージに立ち続けて欲しい。それが一番の私の幸せだよ。それだけで俺たちほんまハッピーでラッキーでユーやな!!!!!!

 

龍太くんのいない松竹座

 

私にとって3度目の春は違う形で訪れた。当落ページに書かれた文章に目を疑った。

 

f:id:mlkt:20170324000641p:plain

 

(^o^)・・・?

 

f:id:mlkt:20170324000814j:plain

 

いや、待てよ、

 

かっ

 

かっ

 

 

 

歌舞伎だー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!絶対歌舞伎だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!滝沢歌舞伎2017!!!!!!!!!!!!

 

 

f:id:mlkt:20170324000909j:plain

 

 

なんと龍太くんが何年も出たい出たいと言い続けてきた仕事が決まったのだ。後に本人から教えてもらえたことだが、自らタッキーに出たいと言ってタッキーはそれで出演を決めてくれたと。自分で、自分の夢を叶えた。自力で。今の龍太くんは出会った頃私が見た龍太くんじゃない。前に出て、自力で夢を叶えるアイドルだった。

 

今年の春の松竹座に龍太くんはいない。行くかはもちろん悩んだけど文一くんみたいにお風呂入りに来るかもしれないじゃん????ていうか松竹座に行かない春なんて考えられないから行く!!!!って決めて行ったはいいものの、結構本気で幕が上がるまでめちゃくちゃ不安と恐怖でいっぱいだった(笑)個人の仕事で松竹座にいない文一くんにはいつも羨ましい気持ちがあった。今回は龍太くんも個人の仕事でいない。すごく嬉しいことだけど、こんなにも早く龍太くんのいない松竹座のステージを見る日がくるなんて思ってなかったから心の準備ができてなかった。まぁ心の準備なんて一生できないんだけどさ。

 

幕が上がって、あまりのキラキラさに「クリパかよ!!!www」ってちょっと笑ってしまった。拍子抜けした(笑)やっぱり癖で龍太くんを探してしまったけど、不思議と全然辛くなかった。キラキラして眩しくて、そしてすごく楽しかった。龍太くんがいない松竹座だけど、私が知ってる松竹座の景色で、私が知ってる私が大好きな関西ジュニアのままだった。2年前の今日、圧倒されて双眼鏡を持つことができなかったBe Coolと今回のBrave Soulが被って。神山担、室担である前に、まず自分が関西ジュニアに惚れ込んだことを思い出した。関西ジュニアって眩しくて強くて、すごくすごくかっこよくて、大好きだ。

 

そして、大好きな大好きな大好きなLOVEに大サビが出来て大歓喜だったのに、まさかの2番が出来た。LOVEやったら通う!!!!って意気込んでたぐらいだったのに!龍太くんおらん時にやりやがってwwwwって正直めちゃくちゃ怒っちゃったけど~ごめんなサイコキネシス~(∩^o^)⊃━☆゜.* 

2番で泣いた。自分でもびっくりしたけど泣いてた。2番が出来た嬉しさと、ステージに3人しかいない龍太くんがいない寂しさと。仕事忙しすぎて松竹出れないわ~なんてぐらいになって欲しい気持ちと、いつまでも松竹座のステージに立ち続けて欲しいって気持ちが喧嘩する。欲張りだね。でも龍太くんが「絶対卒業せえへん」って言ってたことを大吾ちゃんが教えてくれた。この人は私より貪欲だった。ううん、きっと貪欲になったんだと思う。ガツガツしてなかった、1歩下がってたあの頃の龍太くんを私は好きになったけれど、今の龍太くんのことも好きになった。もう一度出会って恋をしたような、そんな感覚で。

 

 

「春が苦手です。」

 

私も他の季節とは違うあの儚さがある春がきっとずっと苦手だ。でも私は2年前の今日、そんな春の松竹座のステージを見て、いつか傷つくであろう未来の自分への保身の気持ちを捨て崖から飛び降りる覚悟で室担になることを決めた。応援しなかった日々を後悔するぐらいなら、応援してきた日々を後悔する道を。大袈裟だと思うでしょう?でもね、本当にそれぐらいの覚悟だった。じゃなきゃ1年近くも悩まない。本当に、傷つくのが怖かった。"あの"2015年春だからこそ、それぐらいの覚悟が必要だった。

龍太くんの担当であり続けた日々を後悔する日は絶対に来ないって信じてみようって、あのステージを見てそう思った。

 

悲しみを振り払えなくても
君がいれば昨日よりも そう強くなれそうだ
誰よりきっと

 

あの日決断してよかった。室担でいることが誇りであり私の幸せです。ずっとずっと室担でいさせてください。

そして来年は龍太くんがいるハッピーでラッキーな春爛漫コンサートでありますように!

あ~でもそれだと歌舞伎に出れないな?いやそんなことない!そう!貪欲に!春松竹も歌舞伎も来年は出よう!!!!!!!!!!!ツッコミ千本ノックしようぜ!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苦手だけど、本当は一番好き。

それでも毎年咲く桜を見に行くし、好きになった人がジュニアだっただけなんだ。

 

 

君とめぐりあった喜びのとき特別なこの景色をずっと忘れないよ